RB32A55!!!

無茶して再びMINIに乗ってしまった男の気分で書き殴るチラシの裏。

ds3_a1
デキが良すぎるAudi A1を乗り回した結果、どうなったか。

『DS3がとんでもなく霞む』という結論に。

比べるのが間違いなのはよーーーーくわかります。キャラは似ているが、生い立ちが全く違う。ましてやDS3なんてA1よりさらに生まれが古いモデルなんだから、そりゃそうだろ!ってオチになるんですが…

それにしても最新型の3気筒1.0L直噴ターボエンジンに7速Sトロニックはそれだけで非常に価値が高い。一方の我が家のDS3はダウンサイジング3気筒だけどパワー感は劣るし、ミッションなんか更に劣る。車体の剛性感、装備の内容、そして走らせての安心感…どれをとっても勝ち目がありません。唯一優っているとするならば、DS3の見た目と『独特な』雰囲気の乗り味。でもこれは趣味性が高いだけあって、実用性としてはあまり評価できるものではありません。

で、それをはっきりと悟ったのは私だけじゃなく…DS3のオーナーである我が家人も全く同感想だったようです。本人はもともと、ドイツ勢コンパクトカーには一定の拒否反応(※みんな乗ってる、オサレじゃない、真面目すぎるという、なんとなくなドイツイメージから来る反応)があったにも関わらず、1時間ほど乗って一気に形勢逆転、フランス車が安っぽいってのをはっきりと認識してしまったようで。

…うん。乗るべきじゃなかったな

と、同時に我が家の大問題?がいよいよ近づいて参りまして。何かと言えば、続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Audi A1_1
前回に続きレンタカーの話題。普段利用しているニッポンレンタカーさんが新たに今年よりスタートしたサービス『ヤナセ プレミアムカーレンタル』を利用して、以前から興味があったAudi A1 Sportbackを借りて600kmほど走り回ってみました。

A1といえば2010年に本国デビューしてから既に7年のモデルサイクルを経過した1台。デビュー当時は私も興味があり、実際にディーラーまで足を運んだ記憶がありますが、結局当時の感想は『やっぱりMINIのほうがいいなぁ』というものでした。その後、追ってすぐに5ドア版のSportbackが追加され、一気に街中を走る台数が増えた印象。その後かなり遅れてMINIも5ドアモデルを追加したことを考えれば、やはりAudiの戦略はそこそこ当たってた、と考えるべきか。

で、今回借りた1台は…借りてみてびっくりの1.0Lエンジンが搭載されているモデルということを知る。え?1.4Lでも1.2Lでもなくて??と思ったら、2年前のマイナーチェンジ時に新しく設定されたエンジンのようで。スペック的には3気筒の1.0L直噴ターボ。馬力は95馬力しかありませんが、我が家のDS3より排気量は少なくパワーは大きい、という点では最新鋭のダウンサイジングエンジンなんでしょうか。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Exiga
Demio
個人的なネタは最近あんまり触れていませんが、現在の職業は…クルマで1日あたりおよそ300km、比によってはその倍以上の距離を走り回るような仕事をしております、ってのは先日の記事でちょっとだけ触れました。メインは高速道路移動ではありますが、北海道の片田舎が商売エリアなため、当然のことながら、山道峠道も走り回ります。

で、ありがたい?ことに、現在勤務している会社では『社用車』が用意されておらず、クルマが必要な都度、法人契約でレンタカーを乗り回すという、クルマ好きにはなかなか『ありがたい』仕事に就いております。…ってホントはそんなに甘い話じゃなく、契約したレンタカー会社(O社・T社)の関係で、ずーっと毎回カローラアクシオに乗っていた訳ですが。

で、最近、諸事情で既存契約のレンタカー会社以外に『ニッポンレンタカー』と契約することに。何が嬉しいかって、ニッポンレンタカー北海道さんは個人的最悪最低車のカローラ保有率が低く、その代わり、スバル車が多数用意されているということです。特に一番使用するクラスはインプレッサスポーツのEyeSightつき。このクルマに切り替わってからは、本当に移動が楽になりまして。

なかなか記事にしてきませんでしたが、ここ数年で借りてみたクルマとしては、こんな感じ。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

jibai_sample-01
前回の続きのようなタイトルですが…

家人がカンカンです。

何があった。実は、以前の記事でも触れたディーラーが大チョンボ。ふとDS3の車検証バインダーを眺めていると、何だか違和感。なんだコレ?と思ってよーく見てみたら、自賠責保険の証書に書かれている名義が、何故か家人の名前ではく、ディーラー社名になっているのです。ん?名義変更忘れたか?と思いきや、車検証と見比べると、車体番号も違う。どうやらこれ、

他の車のソレと取り違えて、納車した

そうなんです。試乗車アップの個体を購入したからなんでしょうけど、間違えるかね、そこを。しかも言うなれば、ウチの住所氏名が入った自賠責証書はどこに行ったんだ?という話になりますが…結果まさかの続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

DS3
前出のとおり、今回購入した仕様は新車ではありません。1年半落ちの元試乗車という1台でございます。走行距離は1,800km程度で、乱暴に扱われた形跡も見受けられず。ただ、ずーっと長期屋外陳列だったためか、ボディやガラスに水垢の目立つ状態ではありました。

でも何より魅力的だったのが、その価格。ホントに価格安っ!と驚くほどでして。まぁそりゃあ1年半前のモデルで、その間に2回もマイナーチェンジしてるもんなーなんて思ったんですが…本当の理由は後にわかりました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

3
前回の続き

相方さんのクルマ選び開始まで遡って記事にしてみます。
まず、そもそものお話しですが…相方さんは今回のクルマは『初めてのマイカー』ということを付け加えておきます。その上で記事を読んでいただけると、いかに『ヲイカレちゃった』様かがお判り頂けるかと 笑

当人はもともとあまりクルマに興味がない人種。その一方で、仕事柄さまざまな車種(レンタカー)に乗る機会はあるものの、「Cから始まる国産大衆セダン」もフィットもインプレッサもさほど『差がない』と考えていた、というよりは無関心だったお方でございます。

ある日、腕をビーンと伸ばしたドラポジ(当人曰く「楽だから」)を正しいドラポジで座ることを教えたことをきっかけに、いつのまにやら前出の「”カ”からはじまる大衆セダン」がいかにショボいかがよーくわかったところからヲイカレていったもので。ま、その例のカローラ(言ってる 笑)なんですが、装備がケチりすぎており、今どきテレスコすら装備されてないもんだからまともなドラポジが取れないクルマなんですけど。。。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_2781
以前の記事でちらっと触れた件について。

JCWを購入する4ヶ月前までさかのぼる。
色々あって、相方さんがとんでもないクルマを買ってきました。
まさかの、Citroen DS3でございます。

特徴的な部分から触れるとして、
ざっとパワートレインのスペックをば。

エンジン:1.2L 3気筒「Puretech」エンジン
ミッション:5段シングルクラッチ「ETG5」(AMT)
という組み合わせです。この組み合わせ、スペック的にはあまり見所のないような凡庸さなのですが…これで驚くほどに良い出来なのです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ